家庭内の消費電力事情について

夏場と冬場で大量の電力を消費すると言うことは、多くの人が既に理解していることでしょう。各家庭では、一体どんな電化製品が電気を消費しているのか!?この点が気になります。(汗)もちろん、各電化製品の使用頻度については、各家庭により異なってきます。その為、一概に「この電化製品が節電の敵!」と言う事は言えませんよね。~とは言っても、平均的な消費電量を見ると、どの電化製品が多くの家庭で電気をたくさん消費しているのか!?

そうなると、その製品を対象とした節電テクニックが有効と言うことになります。節電テクニックを活かす場合、こういった知識が必要と言うことですね。各家庭において、最も消費電力が大きいとされているのが「エアコン」になります。そのように言われています。次いで大きいのは、冷蔵庫、照明器具と言えます。(汗)。この二つについては、一年中稼働しているものになります。ですから、ある意味仕方のない部分はありますね。

しかし、どちらも工夫次第では、かなり節電効果を得ることが出来ます。テレビの消費電力も、10%程を占めていると言うことです。それだけに、消費電力も自然と大きくなると言うことです。そういう事が、節電においての大きなポイントになります。