海外赴任での電気、水道、ガスの手続きは?

通常の引っ越しの時にも行う手続きが色々とありますよね。※電気、ガス、水道といった公共料金の引き継ぎがあります。海外赴任の時も、家族を家に残さない場合は、これらの手続きが必要となります。※利用停止という事になります。手続き上は同じ事です。ですから、特に問題はないでしょう。利用停止を申請します。それで、その料金も用意しておきましょう。その必要があります。※尚、電気は電力会社になります。※水道は水道局になります。※ガスはガス会社になります。※電話連絡、もしくはインターネットでの手続きを行います。このようにして利用停止を申請することになります。※この時に、「お客様番号」と呼ばれる番号が必要です。領収書に記載されています。ですから、あらかじめ準備しておきましょうね。電話連絡の前に準備しておきましょうね。それが良いですね。しかし、連絡の時期に関係なく、ストップする日は指定することが可能です。ただ、連絡が早過ぎると受付けをしてもらえないことがあります。※大体一週間前を目安にしてください。それが良いでしょう。尚、当日に連絡しても対応は出来ないので、遅くとも二日前には連絡を入れるようにしなければいけませんよ。※ストップする当日は、清算を行うこともあり、必ず当事者が最低一人は家にいる必要がありますよ。あらかじめ時間帯を合せておきましょう。そして、スケジュールを調整しておきましょうね。海外赴任の場合は、当日になってバタバタすることも多いようです。(汗)

関連サイト

公共料金クレジットカードおすすめ

クレジットカードで公共料金の支払いをするととてもお得なんです!利用金額に応じて貯まるポイントシステムだけでもかなりお得に節約できることは間違いありません。
www.cardbarai-kokyoryokin.com/